日にち : 2018.4.14   照会数 : 401
成婚ストーリ
*姓名:田邊 戦二 *職業:マンション管理人 *学歴:法政大学法学部 卒業
,

私は、70歳を超えた今まで結婚とは無縁の生活を送ってきました。率直に申し上げると、結婚生活を送ることができるとは思っていませんでした。若い頃より、司法試験という最難関の試験に合格し、この道でのキャリアを積むことを目標に、最近まで、ひたすら勉強に頑張り、結婚どころか恋愛さえも興味を抱く余裕がありませんでした。結果的に、司法試験合格という夢を実現することはできませんでした。しかし、人生はわからないものです。2018年の新年に転機が訪れ、楽園コリアの池漢鎮社長のひたむきなサポートの元、わずか3か月後の2018年4月7日に、韓国人女性と結婚することになりました。

 

2018年1月、私の知人、そして楽園コリアの池社長と新年会で楽しいひと時を過ごさせていただきました。この時、私が数か月後に結婚することは想像だにしていませんでした。その後、たまたま姉と電話した際に、姉の夢の中で、今は亡き母親が「戦二が嫁をもらって結婚するよ!」と言っていたという話を聞かされました。この話をきっかけに、自分もまだ結婚できるのではないかと、結婚に対する願望を強く持つようになりました。そして池社長に結婚をお世話頂くことは、もう自然な流れとなっていました。結婚紹介のお願いをするやいなや、イ・キョンヨンさんという50代韓国人女性を紹介いただくことになり、相思相愛の関係で、結婚を決める運びとなりました。しかし、いざ結婚を決めたものの、本当にこれで良いのかと立ち止まることもありました。その時、池社長に「田邊さん、司法試験合格に向けてひたすら頑張ってきたのに何故夢を果たせなかったのか、分かりますか?イさんと結婚し幸せになる運命が待っていてくれたんですよ。」ということを言ってもらい、この言葉を聞いて、目が覚めた気分になりました。そして、そのまま結婚準備を進め、2018年4月7日、池社長、友人に祝ってもらう中、イさんとの挙式に至りました。

 

司法試験合格の夢を果たせず、人生に対する希望を失っていた中、姉の夢の中での亡き母親の言葉、そして楽園コリア池社長の熱心なサポートの元、素晴らしい伴侶を得ることができ、私は、今、幸せの真っただ中にいます。結婚支援はもちろんのこと、人生、何があっても諦めてはいけないということを教えて頂いた、楽園コリアの池漢鎮社長には、大変感謝しております。

 

 


BACK : 成婚のご報告!

NEXT : 日本人男性からよく受ける質問について