日にち : 2008.1.9   照会数 : 8782
成婚ストーリ(2)
*姓名:田中 一幸 *職業:会社員 *学歴:早稲田大学 卒業
,

 

 

楽園コリアにどうして加入することになったのでしょう

毎日の忙しい職場生活で、出会いというものが考えられない環境でした。
いい人に出会い、幸せな家庭を築きたいという気持ちは常にありましたが
自分自身の力だけではどうにもならないというのが現実でした。
そんな中、偶然マスコミを通し楽園コリアを知りました。
最初は他の国際結婚会社と同じようなものだろうと思っていましたが
さまざまな報道媒体で紹介される楽園コリアを見ているうちに
何か、いままでの結婚情報会社とは違う信頼感が生まれ、実際に担当カウンセラーとの
相談にうかがった際、それが確信に変わりました。
 

なぜ韓国女性との国際結婚を考えるようになりましたか?

仕事柄、韓国人とたくさん接します。韓国男性、女性ともに私にはよいパートナーで
友達でもあります。韓国旅行もしますし、有名な場所にも行ってみたりしました。
韓国女性をいつも近くで見て、人に対する思いやりを持ち、仕事にも一生懸命打ち込み
すべてのことに全力を尽くすところに非常に好感を持っておりました。
いい方に出会ってもっと韓国と近くなりたいと思っていました。
 

出会いのために、まずなにをされましたか?

まず、楽園コリアのホームページでプロフィールを作成した後、楽園コリア日本支社に
お邪魔しました。面談後はなんともいえないわくわくした気持ちで過ごしました。
自分が、結婚するんだという気持ちが徐々に大きくなっていたためだと思います。
加入後、比較的早い時期に女性のプロフィールと写真を受け取りました。
双方がお互いに気に入らなければ実際に相手の方と会うことのできない非常に慎重な
システムです。
 

どのように出会いましたか?

楽園コリアに加入した際に、成婚率がどの程度なのか伺って見ました。
一度のお見合いで結婚されたカップルが多いと聞き、正直信じられない気持ちでした。
でも、そんな信じられない出来事が私にも起こったのです。
担当カウンセラーからの注意事項、マナーなどを繰り返し聞きながらお見合いに
挑みましたが、なにせ初めてのことばかり。緊張のせいで普段しないような失敗も
してしまいましたが、彼女を一目見たときからとても惹かれるものがありました。
私とは違って活発で積極的な彼女はとても素敵でした。
どうにかして彼女とのお付き合いができるようになりたいと思いました。
 

お見合い後はどうなりましたか?

彼女と食事をした後、約2時間くらい歩きました。足が痛いのではないかと何度も
聞きましたが、明るい笑顔で大丈夫だと答えてくれました。私にはその2時間という

時間が、2分くらいだったのではないかと思えるくらいに短く感じましたが

たくさんの話をしながらとても幸せな時間を過ごせたと思っています。
彼女もまた、私と同じように歩くことが好きだということでしたが、後日聞いた話に
よると女性と最初に会って、2時間も散歩をする男性は初めてで戸惑いもしたが
室内で窮屈に過ごすよりも外で自然に多くの話をすることができてとてもよかったとの
ことでした。私は彼女と別れる前に勇気をもって是非また会ってもらいたいと伝えました。
恥ずかしそうにそれを受け入れてくれた彼女の姿を見て、その夜は眠れませんでした。
 

新しい人生のスタート

楽園コリアでも驚きの速さで進んだ約2ヶ月。恋愛期間が短いためか未だに恋人気分です。
お互いを見ているだけでも幸せを感じます。
この短い時間に私が感じたことをお話しますと
縁がないと思っていらっしゃる方たち・・・少しの積極性と考え方を変えるだけで
もう半分は成功です。自分がどのような考えをもち行動するかによって変わっていきます。
そしていい出会いがあったら消極的にならないでください。
皆さんにも私と同じような幸せをつかんでいただきたいです。

 

そして、この幸せのきっかけである楽園コリアに感謝いたします。

 

 


BACK : 第3回 出会いのイベントのお知らせ

NEXT : 成婚ストーリ(1)